低濃度PCB

低濃度PCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物を、
横浜エコクリーン(キルン・ストーカー炉)での焼却処理により無害化します。

  1. 1.850℃以上の高温で低濃度PCB廃棄物を完全燃焼、完全無害化
  2. 2.低濃度PCB廃棄物の収集・運搬から無害化処理まで対応
  3. 3.首都圏における低濃度PCB無害化処理に貢献

横浜エコクリーン工場

低濃度PCB廃棄物とは、非意図的にPCBが混入してしまった微量PCB汚染電気機器等や、PCB濃度5,000ppm以下のPCB廃棄物の総称です。

種類は、低濃度PCB廃油、汚染物、処理物があります。当社ではこれらを安全・安心に処理すべく、2回のPCB無害化実証試験を経て、廃掃法に基づき環境大臣による無害化処理施設に認定されました。(平成25年12月24日)

廃油は専用の廃油タンクと移送ラインを使い二次燃焼室に吹込みます。固形物の汚染物・処理物は、密閉容器ごと直接投入装置でキルンに投入されます。

いずれも850℃以上の高温で、2秒間以上完全燃焼させることで無害化されます。横浜市の臨海工業地区にある立地を活かし、首都圏を中心に低濃度PCB処理に貢献してまいります。

横浜エコクリーンにおける無害化処理フロー

横浜エコクリーンにおける無害化処理フロー

廃棄物の種類・品目(処理能力と受入荷姿)

廃棄物の種類 品目 処理能力 受入荷姿
低濃度PCB廃油 微量PCB汚染絶縁油
低濃度PCB含有廃油
廃油 16.8kl/日 ・タンクローリー車
・ドラム缶
低濃度PCB汚染物 微量PCB汚染物
低濃度PCB含有汚染物
廃プラスチック類
汚泥・紙くず
木くず・繊維くず
14.4t/日 ・密閉プラ容器(200Lドラムサイズまで可能)
低濃度PCB処理物 微量PCB処理物
低濃度PCB含有処理物
廃プラスチック類
汚泥・紙くず
木くず・繊維くず

低濃度PCBに汚染された金属くず、陶磁器くず、コンクリート破片、廃酸、廃アルカリについては、当社のネットワークにて協力会社での処理をご提案します。

処理施設の概要

施設名称 横浜エコクリーン
施設の種類 キルン・ストーカ式焼却炉
場所 神奈川県横浜市鶴見区末広町2-1-5
燃焼ガス温度 850℃以上
燃焼ガス滞留時間 2秒以上

許可車両

車種 10tウイング車×1台・10t平ボディー車×1台・4tユニック車×1台
低濃度PCB許可 神奈川県・東京都・千葉県(関東甲信越を中心に随時申請)

10tローリー車等の車両は当社のネットワークにて協力会社での運搬をご提案します。


10tウィング車


10t平ボディ車

筐体処理ネットワーク

筐体処理もJFE環境の全国ネットワークで対応しております。
お問い合わせ下さい

カタログ・パンフレットダウンロード

焼却系廃棄物(PCB関連含む)、廃液処理に関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

サーマル・ケミカル営業部
(営業時間:8:30~17:15 ※土・日・祝除く)

TEL. 045-502-4046

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ページ上部へ